日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

カテゴリ:九州( 6 )

雲仙観光ホテル(長崎)

前回の四海楼から3年半も空いてしまいましたが、33件目は長崎県雲仙市のクラッシックホテルをご紹介します。


雲仙観光ホテルは、長崎県 雲仙市 小浜町雲仙(地図)にあるクラッシックホテルで、一部鉄筋コンクリート造り木造3階建ての建物は昭和10(1935)年に建てられました。
昭和戦前期に外国人旅行客を誘致し外貨を獲得するため、国内の有名観光地に建てらた洋式のクラッシックホテルの一つです。
a0188759_12121516.jpg

石畳のエントランスロードの両脇には並木が立ち並び、リゾート感を醸し出しています。
距離にして数十mですが、敷地や建物の奥行きを強く感じさせ、またそれ以上に日常生活と隔絶された非日常を演出しています。
a0188759_12131153.jpg




さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2018-01-06 07:00 | 九州

武雄温泉新館(佐賀)

5件目は、九州の温泉施設をご紹介します。


武雄温泉新館は、佐賀県 武雄市 武雄町大字武雄(地図)にある温泉施設で、木造2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正4年に建てられました。
国の重要文化財に指定されています。

a0188759_13502732.jpg


屋根上には鴟尾(シャチホコのような瓦)を戴いて、白赤緑に塗り分けられた寺社建築風というか竜宮城風であることから、洋館というよりも和建築のようにも見えますが、よくよく見ると、左右対称で両翼が張り出した様式は、明治初期に建てられた役所建築のようでもあります。

a0188759_13524937.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-30 15:35 | 九州

第二十三銀行本店(大分)

4件目は、九州の銀行建築をご紹介します。


旧第二十三銀行本店は、大分市 府内町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正2年に建てられました。
(辰野・片岡建築事務所の設計)

a0188759_11352090.jpg


昭和20年に戦災で外壁を残して消失したものの、昭和24年に修復され、大分銀行本店として使われていました。
現在の大分銀行本店が完成した昭和41年以降は、貸しホール「府内会館」として使われましたが、大分銀行創立100年を機に赤レンガ館に改装されて、平成5年からは大分銀行赤レンガ支店、平成14年からは大分銀行ローンプラザ支店として営業しています。
冒頭に書いたように当初はレンガ造りで建てられましたが、戦災修復の際に鉄筋コンクリート造りで補強されたと思われます。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-22 17:18 | 九州

頭ヶ島教会(長崎)

3件目も九州の教会堂をご紹介します。


頭ヶ島教会は、長崎県の離島である五島列島、南松浦郡 新上五島町 友住郷頭ヶ島(地図)にある教会堂で、石造りの単廊式の建物は、地元・上五島出身の大工棟梁・鉄川与助によって大正8年に建てられました。

a0188759_2058445.jpg


地元で切り出した石を使った、西日本で唯一という石造りの教会堂は、「小規模ながら類例の少ない石造」ということと、「門柱や石垣,石段などもよく残り,いずれも丁寧な仕事」であることから、重要文化財に指定されています。

a0188759_21383.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-18 01:01 | 九州

崎津天主堂(熊本)

2件目も九州の教会堂をご紹介します。


崎津天主堂は熊本県 天草市 河浦町崎津(地図)にある教会堂で、鉄筋コンクリート造りの三廊式の建物は、今村天主堂と同じ五島列島出身の大工棟梁・鉄川与助によって昭和9年に建てられました。

a0188759_1737987.jpg


天草下島の西岸の入り江に建っていますが、集落に溶け込んでいます。

a0188759_17413945.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-08 18:50 | 九州

今村天主堂(福岡)

洋館探訪ブログで最初に詳細写真を紹介する建物は、日本国内にある教会堂はもちろん建築物として、個人的には日本で一番素晴らしいと思う今村天主堂です。


今村天主堂は福岡県 大刀洗町 今(地図)にある教会堂で、レンガ造りの三廊式の建物は、五島列島出身の大工棟梁・鉄川与助によって大正2年に建てられました。
【追補】平成27(2015)年に、国の重要文化財に指定されました。

a0188759_11373518.jpg


通りに面している民家の間から、レンガ塀で仕切られた細い道を通ってアプローチします。

a0188759_11424464.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-01 11:29 | 九州