日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

カテゴリ:東京横浜( 2 )

旧渡辺甚吉邸(東京)

またまた間が空いてしまいましたが、20件目は東京都港区の個人住宅をご紹介します。


旧渡辺甚吉邸は、東京都 港区 白金台(地図)にある元個人住宅で、木造2階建ての建物は、昭和9(1934)年に建てられました。
渡辺甚吉氏が、大学卒業後に建築家の遠藤健三氏を伴って訪欧し、イングランドで見たチューダー様式に強い印象を持って帰国し、京都の下村邸(大丸ヴィラ)を参考に新築したそうです。

a0188759_17491045.jpg


このお屋敷は、岐阜の実業家・渡辺甚吉氏の邸宅として昭和9年に建てられ、スリランカ大使館に使われた後、昨年(2010年)5月からハウスウエディング会場「白金甚夢迎賓館」として使われるようになりました。

ちなみにこのお屋敷を建てた渡辺甚吉氏(渡辺家12代目・1906〜1972年)は、岐阜の地方銀行・第十六銀行の初代頭取を務めた渡辺甚吉氏(渡辺家10代目・1856〜1925年)の孫ではないかと思われます。
名家・旧家ではよくあるのでしょうが、祖父と孫が同じ名前だったからか、大学卒業後に欧州周遊で見聞を広めて家を建てたという説明と、第十六銀行初代頭取の東京別邸という説明が、ごちゃ混ぜになっているようです。
岐阜新聞のHPに、第十六銀行と渡辺甚吉氏に関する記事がありました()。

チューダー様式というらしい、山小屋のようなというか手斧削り仕上げが特徴。

a0188759_17492637.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-10-16 18:42 | 東京横浜

横浜市開港記念会館(神奈川)

しばらく空いてしまいましたが、19件目は神奈川県横浜市の公共施設をご紹介します。


横浜市開港記念会館は、神奈川県 横浜市 中区 南仲通(地図)にある公共施設で、花崗岩の白い石が映えるレンガ造り2階建ての建物は、大正6(1917)年に建てられました。
横浜が外国船に対して開かれて、外国人居留地が設置された1859年(和暦:安政6年)から50周年を記念して、明治42年に計画された公会堂で、国の重要文化財に指定されています。

a0188759_10134211.jpg


角地にスクッと伸びた尖塔から、キング、クイーン、ジャックと名付けられた横浜三塔のうち、ジャックの塔と呼ばれています。
ちなみに、キングの塔は神奈川県庁本庁舎、クイーンの塔は横浜税関を指します。

a0188759_10155569.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-07-18 12:22 | 東京横浜