日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

以前の記事

2015年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

タグ:辰野金吾 ( 6 ) タグの人気記事

岩手銀行中ノ橋支店(岩手)

28件目は岩手県盛岡市の銀行建築をご紹介します。


岩手銀行旧中ノ橋支店は、岩手県 盛岡市 中ノ橋通(地図)にある旧銀行建築で、レンガ造2階建ての建物は明治44(1911)年に建てられました。
東京駅の建築家・辰野金吾と、地元出身の建築家・葛西萬司による設計の建物は、辰野式の典型です。

a0188759_857524.jpg


当初は盛岡銀行本店として建てられ、その後は岩手殖産銀行本店、岩手銀行本店、同行中ノ橋支店として100年余りの間、銀行として使われ続けました。
老朽化伴い2012年8月をもって営業を止めて、2016年春の一般公開を目指して調査と修復を行っています(新聞記事)。

a0188759_8581176.jpg


平成6年には、現役の銀行ながら国の重要文化財に指定されました。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2013-03-09 11:18 | 東北

高岡共立銀行本店(富山)

17件目は、富山県高岡市の銀行建築をご紹介します。


旧高岡共立銀行本店は、富山県 高岡市 守山町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、辰野金吾監修の元で清水組の田辺淳吉が設計を行なって、大正4(1915)年に建てられました。
見たとおり、レンガと白い石の組み合わせに銅板葺きの屋根、控えめながら角部に塔屋を設けるあたりは、まさに辰野式です。

a0188759_23391959.jpg


現在は富山銀行本店として使われていますが、当初は銀行建築の常で平屋の吹き抜け構造だったものを、後に2階床を増築しているものの、撤去可能な構造のようです。
大正5年建築の旧北國銀行京都支店は鉄筋タイル貼りになっているので、辰野建築としては最後のレンガ建築かもしれません。
当初建てられた部分はさほど奥行きがなかったようで、その後2度にわたって増築されたようです。

a0188759_23401772.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-05-15 21:51 | 東海北陸

日本銀行京都支店(京都)

13件目は、京都府のレンガ建築をご紹介します。


旧日本銀行京都支店は、京都府 京都市 中京区 三条通高倉北西角(地図)にある旧銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、明治39(1906)年に建てられました。

a0188759_8202514.jpg


現在は京都府京都文化博物館の別館として、一般に公開されています。
この建物が建つ三条通は歩道もない2車線の細い道ですが、この建物が建てられた明治〜大正期には京都のビジネス街として、金融機関が立ち並んでいました。
現在も中京郵便局、旧日本生命、旧不動貯蓄銀行など、歴史ある建物が残っています。

レンガと御影石の組合せに、スレート屋根に銅板装飾など、辰野式の典型例です。
角地に建っているものの、立地を活かしたデザインにはなっておらず、役所建築によくある左右対称で両翼がやや張り出した平面構成です。

a0188759_8275083.jpg


細い道に面しているので、かなりの広角レンズで撮らなければ、全景が写りません。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-27 22:30 | 関西

奈良ホテル(奈良)

12件目は、奈良県のクラッシックホテルをご紹介します。


奈良ホテルは、奈良県 奈良市 高畑町(地図)にあるクラッシックホテルで、木造2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、明治42(1909)年に建てられました。

a0188759_14185111.jpg


鉄道院(後の国鉄、現在のJR)が運営するホテルとして建てられましたが、奈良市(県)内で高い格式のホテルであったため、皇族や国内外の賓客が宿泊する迎賓館的な施設としても使われてきました。
現在の奈良ホテルは、施設をJR西日本が所有し、運営は近鉄系の都ホテルが担当しています。

国内にいくつか残るクラッシックホテルの中でも、和のテイストが最も濃い外観ですが、このホテルに先立って明治28年に開館した帝国奈良博物館が完全な洋風建築で、古都奈良の景観になじまないと批判されたため、建物は和風で建てるべし、という県条例が施工されたことによるものです(明治・大正時代の話です)。

a0188759_14312651.jpg


木造漆喰壁で屋根上には望楼と鴟尾(シャチホコのような瓦)を戴く和建築ですが、今でいえば近代和風建築に当たるのでしょうね。
敷地の制約からか左右対称ではなく、ちょっとした坂道を登り切ったところにエントランスがあり、その奥にはメインダイニング、手前には客室が並んでいます。

a0188759_1502644.jpg


奥に見える張り出したところは、階段部分と思われます。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-20 16:31 | 関西

武雄温泉新館(佐賀)

5件目は、九州の温泉施設をご紹介します。


武雄温泉新館は、佐賀県 武雄市 武雄町大字武雄(地図)にある温泉施設で、木造2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正4年に建てられました。
国の重要文化財に指定されています。

a0188759_13502732.jpg


屋根上には鴟尾(シャチホコのような瓦)を戴いて、白赤緑に塗り分けられた寺社建築風というか竜宮城風であることから、洋館というよりも和建築のようにも見えますが、よくよく見ると、左右対称で両翼が張り出した様式は、明治初期に建てられた役所建築のようでもあります。

a0188759_13524937.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-30 15:35 | 九州

第二十三銀行本店(大分)

4件目は、九州の銀行建築をご紹介します。


旧第二十三銀行本店は、大分市 府内町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正2年に建てられました。
(辰野・片岡建築事務所の設計)

a0188759_11352090.jpg


昭和20年に戦災で外壁を残して消失したものの、昭和24年に修復され、大分銀行本店として使われていました。
現在の大分銀行本店が完成した昭和41年以降は、貸しホール「府内会館」として使われましたが、大分銀行創立100年を機に赤レンガ館に改装されて、平成5年からは大分銀行赤レンガ支店、平成14年からは大分銀行ローンプラザ支店として営業しています。
冒頭に書いたように当初はレンガ造りで建てられましたが、戦災修復の際に鉄筋コンクリート造りで補強されたと思われます。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-22 17:18 | 九州