日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2015年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

タグ:レンガ ( 11 ) タグの人気記事

岩手銀行中ノ橋支店(岩手)

28件目は岩手県盛岡市の銀行建築をご紹介します。


岩手銀行旧中ノ橋支店は、岩手県 盛岡市 中ノ橋通(地図)にある旧銀行建築で、レンガ造2階建ての建物は明治44(1911)年に建てられました。
東京駅の建築家・辰野金吾と、地元出身の建築家・葛西萬司による設計の建物は、辰野式の典型です。

a0188759_857524.jpg


当初は盛岡銀行本店として建てられ、その後は岩手殖産銀行本店、岩手銀行本店、同行中ノ橋支店として100年余りの間、銀行として使われ続けました。
老朽化伴い2012年8月をもって営業を止めて、2016年春の一般公開を目指して調査と修復を行っています(新聞記事)。

a0188759_8581176.jpg


平成6年には、現役の銀行ながら国の重要文化財に指定されました。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2013-03-09 11:18 | 東北

石川組製糸西洋館(埼玉)

23件目は埼玉県入間市の企業迎賓施設をご紹介します。


旧石川組製糸西洋館は、埼玉県 入間市 河原町(地図)にある企業迎賓施設で、木造レンガタイル貼り2階建ての建物は大正10(1921)年に建てられました。
石川組製糸の創始者・石川幾太郎が、生糸の輸出先であったアメリカの貿易商を招くために、見くびられないように立派な洋館を建てたそうです。

a0188759_21927.jpg


この西洋館の他、厨房か暖房用ボイラーか、はたまた宿泊用風呂かのための煙突を備えた平屋の別館が連なっており、国の登録有形文化財に指定されています。
東京帝国大学卒の室岡惣七の設計、川越の宮大工・関根平蔵の施工で建てられました。

a0188759_21214570.jpg


戦後の一時は進駐軍将校官舎として使われたものの、長らく石川家が所有していたようですが、建物は寄贈、土地は譲渡という形で現在は入間市が維持・管理し、春から秋にかけて月に2回程度、一般に公開されています。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2012-01-07 22:50 | 関東甲信越

シャトーカミヤ旧事務室(茨城)

22件目は茨城県牛久市の工場施設をご紹介します。


シャトーカミヤ旧事務室は、茨城県 牛久市 中央(地図)にあるワイン醸造場の事務所で、レンガ造2階建ての建物は明治36(1903)年に建てられました。
創業した神谷伝兵衛氏・伝蔵氏の父子は、神谷バーを経営していた他、前回ご紹介した稲毛別荘を所有していました。

a0188759_20375027.jpg


この旧事務室の他、旧発酵室と旧貯蔵庫の計3棟が残っており、シャトーカミヤ旧醸造場施設として国の重要文化財に指定されています。
設計は、三笠ホテル(長野・軽井沢町)と同じ岡田時太郎。
今でこそ上野から電車で1時間ほどの通勤圏ですが、創建された明治36年には常磐線は開通していたものの、泊まりがけで向かう場所だったと考えられ、事務室とはいえ、賓客の迎賓施設としての機能も備えていたようです。

a0188759_20472321.jpg


正門から、旧事務室の1階に開いたアーチ通路を通して、奥には旧発酵室が見えますが、昔の写真を見るとレールが敷かれていて、ワインを出荷するするときにトロッコに載せて運んでいたようです。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-12-24 12:34 | 関東甲信越

横浜市開港記念会館(神奈川)

しばらく空いてしまいましたが、19件目は神奈川県横浜市の公共施設をご紹介します。


横浜市開港記念会館は、神奈川県 横浜市 中区 南仲通(地図)にある公共施設で、花崗岩の白い石が映えるレンガ造り2階建ての建物は、大正6(1917)年に建てられました。
横浜が外国船に対して開かれて、外国人居留地が設置された1859年(和暦:安政6年)から50周年を記念して、明治42年に計画された公会堂で、国の重要文化財に指定されています。

a0188759_10134211.jpg


角地にスクッと伸びた尖塔から、キング、クイーン、ジャックと名付けられた横浜三塔のうち、ジャックの塔と呼ばれています。
ちなみに、キングの塔は神奈川県庁本庁舎、クイーンの塔は横浜税関を指します。

a0188759_10155569.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-07-18 12:22 | 東京横浜

高岡共立銀行本店(富山)

17件目は、富山県高岡市の銀行建築をご紹介します。


旧高岡共立銀行本店は、富山県 高岡市 守山町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、辰野金吾監修の元で清水組の田辺淳吉が設計を行なって、大正4(1915)年に建てられました。
見たとおり、レンガと白い石の組み合わせに銅板葺きの屋根、控えめながら角部に塔屋を設けるあたりは、まさに辰野式です。

a0188759_23391959.jpg


現在は富山銀行本店として使われていますが、当初は銀行建築の常で平屋の吹き抜け構造だったものを、後に2階床を増築しているものの、撤去可能な構造のようです。
大正5年建築の旧北國銀行京都支店は鉄筋タイル貼りになっているので、辰野建築としては最後のレンガ建築かもしれません。
当初建てられた部分はさほど奥行きがなかったようで、その後2度にわたって増築されたようです。

a0188759_23401772.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-05-15 21:51 | 東海北陸

名古屋控訴院庁舎(愛知)

16件目は、名古屋の公共施設をご紹介します。


旧名古屋控訴院庁舎は、愛知県 名古屋市 東区 白壁(地図)にある公共施設で、レンガ造り3階建ての建物は、金刺森太郎によって大正11(1922)年に建てられました。

a0188759_16572083.jpg


厳密には「旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」といい、控訴院つまり現在の高等裁判所の他、地方裁判所などとして昭和54年まで使われていました。
控訴院建築は、他に札幌に残っています。
現在は国の重要文化財に指定され、名古屋市政資料館として一般に公開されています。

a0188759_177579.jpg


設計は司法省営繕課があたり、各地の裁判所や監獄を手がけた金刺森太郎が現場での施工にあたったそうです。
濃尾地震(明治24年)後に建てられた建物ゆえ、総レンガ造りというわけではなく、床や梁には鉄筋コンクリートを組み合わせた耐震建築になっているようですが、完成翌年には関東大震災が起きたため、レンガ造りの大規模建築としては最後期に建てられたもののようです。
石とレンガの絶妙なバランスや、中央最上部に銅板葺きのドームを戴いている点など、辰野式の雰囲気を強く感じます。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-04-24 18:24 | 東海北陸

日本銀行京都支店(京都)

13件目は、京都府のレンガ建築をご紹介します。


旧日本銀行京都支店は、京都府 京都市 中京区 三条通高倉北西角(地図)にある旧銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、明治39(1906)年に建てられました。

a0188759_8202514.jpg


現在は京都府京都文化博物館の別館として、一般に公開されています。
この建物が建つ三条通は歩道もない2車線の細い道ですが、この建物が建てられた明治〜大正期には京都のビジネス街として、金融機関が立ち並んでいました。
現在も中京郵便局、旧日本生命、旧不動貯蓄銀行など、歴史ある建物が残っています。

レンガと御影石の組合せに、スレート屋根に銅板装飾など、辰野式の典型例です。
角地に建っているものの、立地を活かしたデザインにはなっておらず、役所建築によくある左右対称で両翼がやや張り出した平面構成です。

a0188759_8275083.jpg


細い道に面しているので、かなりの広角レンズで撮らなければ、全景が写りません。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-27 22:30 | 関西

小寺家厩舎(兵庫)

11件目は、関西地方に移って兵庫県のレンガ建築をご紹介します。


旧小寺家厩舎は、兵庫県 神戸市 中央区 中山手通(地図)にあるレンガ建築で、木造の2階部分を載せた建物は、明治43(1910)年頃に建てられました。

a0188759_141873.jpg


この建物が建っている場所は、現在は相楽園として神戸市が所有・公開する日本庭園になっていますが、当初は小寺泰次郎氏の自邸として造営されました。
そのうちこの建物は、馬車やそれを引く馬を納める厩舎として建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。

L字型の平面構成になっており、左端には円筒形の塔屋が接続しています。
レンガはイギリス積みで、屋根はスレート葺き、建物角部には隅石が取り付けられています。

a0188759_14292019.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-12 16:14 | 関西

中国銀行林野支店(岡山)

10件目は、岡山県の銀行建築をご紹介します。


旧中国銀行林野支店は、岡山県 美作市 林野(地図)にある銀行建築で、木骨レンガ造り平屋建ての建物は、大正10(1921)年に妹尾銀行林野支店として建てられました。

a0188759_17521696.jpg


妹尾銀行は第一合同銀行、中国銀行へと吸収合併を繰り返し、昭和59年まで中国銀行林野支店として使われた後、美作市歴史民俗資料館として一般に公開されていました(現在は美作市のHPに記述はなく、閉鎖されているようだとのブログ情報もありました)。

外観からレンガ造りのように見えますが、構造体は鉄骨ならぬ木骨で、レンガが嵌め込まれています。
辰野金吾の作品ではありませんが、石とレンガが絶妙なバランス。
通りに面した正面には利用客用と思われる扉があり、右側面に職員用と思われる扉が設けられています。
屋根端に立ったパラペットに隠れていますが、屋根は銅板葺きのようです。

a0188759_190586.jpg


2階建てのように見えますが、内部は総吹抜けで、2階部には回廊が廻らされています。
お金を扱う銀行らしく1階の窓には金柵で覆われており、また窓周りの装飾は左右対称ながら、中央部と両側、1階2階とで異なった凝った造りです。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-05 21:25 | 中国四国

第二十三銀行本店(大分)

4件目は、九州の銀行建築をご紹介します。


旧第二十三銀行本店は、大分市 府内町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正2年に建てられました。
(辰野・片岡建築事務所の設計)

a0188759_11352090.jpg


昭和20年に戦災で外壁を残して消失したものの、昭和24年に修復され、大分銀行本店として使われていました。
現在の大分銀行本店が完成した昭和41年以降は、貸しホール「府内会館」として使われましたが、大分銀行創立100年を機に赤レンガ館に改装されて、平成5年からは大分銀行赤レンガ支店、平成14年からは大分銀行ローンプラザ支店として営業しています。
冒頭に書いたように当初はレンガ造りで建てられましたが、戦災修復の際に鉄筋コンクリート造りで補強されたと思われます。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-01-22 17:18 | 九州