日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

萬翠荘(愛媛)

8件目は、四国・愛媛県の本格洋風建築をご紹介します。


萬翠荘は、愛媛県 松山市 一番町(地図)にある本格洋風建築で、鉄筋コンクリート造り3階建ての建物は、大正11(1922)年に建てられました。

a0188759_2392142.jpg


陸軍武官としてフランス生活が長かった元藩主家の久松定謨(さだこと)伯爵が別邸として建て、大正11年に皇太子殿下(後の昭和天皇)が松山へ行幸した際に2日間滞在したそうです。
設計は、宮廷棟梁の家系で東京帝国大学建築学科を卒業した木子七郎によるもので、舅(妻の父)が愛媛県出身であった関係で、愛媛県庁など県内に他にも建築を残しています。

その後、愛媛県美術館分館郷土美術館として使われましたが、2008年に修復されて、2009年からは展示施設として使われています。
国の文化財指定はありませんが、県の有形文化財に指定されています。
【追補】2011.11に、本館と管理人舎が国の重要文化財に指定されました。

a0188759_23311230.jpg


白いタイル貼りの外壁の建物は、急勾配のスレート葺き屋根の部分には窓が設けられており、当時は物置であった屋根裏部屋を含めて3階建てになっています。
3階は鉄骨の屋根組みがよく見えるそうです(見学には事前連絡が必要)。
正面の他に右側面にもバルコニーが設けられ、尖塔も設けられていることから、右側に力点を置いた造りになっています。

バルコニーは2本の円柱を挟んだ3連アーチで、その間を細かな欄干でつないでいます。
バルコニーの庇下にも緻密にタイルが貼られ、出入り扉の上にはステンドグラスも見えます。

a0188759_2347234.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
# by okuruma1970y | 2011-02-21 01:07 | 中国四国

仁風閣(鳥取)

7件目は、鳥取県の本格洋風建築をご紹介します。


仁風閣は、鳥取県 鳥取市 東町(地図)にある本格洋風建築で、木造2階建ての建物は、明治40(1907)年に建てられました。

a0188759_9395611.jpg


明治40年に皇太子殿下(後の大正天皇)が山陰地方へ行幸する際の鳥取での宿舎として、元藩主家の池田仲博侯爵が建てました。
旧東宮御所(現在の迎賓館)など多くの皇室建築を手がけた片山東熊によって設計され、皇太子に随行した海軍大将・東郷平八郎により命名されました。

a0188759_9493295.jpg


池田家から鳥取県に寄贈され、戦後は県立科学博物館として使われた後、鳥取市へ譲渡された際に重要文化財に指定され、現在は一般に公開されています。
建物裏側にある回遊池泉式庭園は、幕末の藩主が先代の未亡人(宝隆院)を慰めるために造営したもので、宝隆院庭園と名付けられているそうです。

さらに詳しく(More)
[PR]
# by okuruma1970y | 2011-02-13 12:19 | 中国四国

秋田商会ビル(山口)

6件目は本州に渡って、山口県の事務所建築をご紹介します。


旧秋田商会ビルは、山口県 下関市 南部町(地図)にある事務所建築で、鉄筋コンクリート造3階建ての建物は、大正4(1915)年に建てられました。
神戸より西では、最初に建てられた鉄筋コンクリート造建築とか。

a0188759_15273797.jpg


現在は、下関市が管理する下関観光情報センターとして一般に公開されています。
角地に建ち、角部に開けられた出入口の上には、塔屋が設けられています。

a0188759_15312127.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
# by okuruma1970y | 2011-02-06 16:38 | 中国四国

武雄温泉新館(佐賀)

5件目は、九州の温泉施設をご紹介します。


武雄温泉新館は、佐賀県 武雄市 武雄町大字武雄(地図)にある温泉施設で、木造2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正4年に建てられました。
国の重要文化財に指定されています。

a0188759_13502732.jpg


屋根上には鴟尾(シャチホコのような瓦)を戴いて、白赤緑に塗り分けられた寺社建築風というか竜宮城風であることから、洋館というよりも和建築のようにも見えますが、よくよく見ると、左右対称で両翼が張り出した様式は、明治初期に建てられた役所建築のようでもあります。

a0188759_13524937.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
# by okuruma1970y | 2011-01-30 15:35 | 九州

第二十三銀行本店(大分)

4件目は、九州の銀行建築をご紹介します。


旧第二十三銀行本店は、大分市 府内町(地図)にある銀行建築で、レンガ造り2階建ての建物は、東京駅を設計したことで知られている辰野金吾によって、大正2年に建てられました。
(辰野・片岡建築事務所の設計)

a0188759_11352090.jpg


昭和20年に戦災で外壁を残して消失したものの、昭和24年に修復され、大分銀行本店として使われていました。
現在の大分銀行本店が完成した昭和41年以降は、貸しホール「府内会館」として使われましたが、大分銀行創立100年を機に赤レンガ館に改装されて、平成5年からは大分銀行赤レンガ支店、平成14年からは大分銀行ローンプラザ支店として営業しています。
冒頭に書いたように当初はレンガ造りで建てられましたが、戦災修復の際に鉄筋コンクリート造りで補強されたと思われます。

さらに詳しく(More)
[PR]
# by okuruma1970y | 2011-01-22 17:18 | 九州