日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新のトラックバック

以前の記事

2015年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

カテゴリ:中国四国( 6 )

四階楼(山口)

しばらく空いてしまいましたが、32件目は山口県上関町の擬洋館をご紹介します。


四階楼は、山口県 上関町 室津字築出町(地図)にある迎賓兼宿泊施設で、木造漆喰壁4階建ての建物は明治12(1879)年に建てられました。
本州から九州と四国を望む周防灘と瀬戸内海に突き出た半島の突端の、長島との間の狭い水道に面して建てられており、創建当初の主要運搬手段であった海上交通の要衝に位置していました。

a0188759_940278.jpg


施主は、幕末に騎兵隊の参謀を務め、明治維新後は故郷である上関を中心に船運業や汽船宿を営んでいた小方謙九郎で、棟梁は地元室津の吉﨑治兵衛です。
この四階楼も汽船宿(船運寄港地での宿泊施設)として、また船運荷主などの賓客をもてなす目的で建てられました。

a0188759_9401017.jpg


その後、昭和になってからは旅館として営業していましたが、平成3年には営業をやめ、平成11年から保存修理が行なわれました。
平成17年には国の重要文化財に指定され、現在は併設の上関町郷土史学習館とともに、一般に公開されています。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2014-06-13 00:26 | 中国四国

中国銀行林野支店(岡山)

10件目は、岡山県の銀行建築をご紹介します。


旧中国銀行林野支店は、岡山県 美作市 林野(地図)にある銀行建築で、木骨レンガ造り平屋建ての建物は、大正10(1921)年に妹尾銀行林野支店として建てられました。

a0188759_17521696.jpg


妹尾銀行は第一合同銀行、中国銀行へと吸収合併を繰り返し、昭和59年まで中国銀行林野支店として使われた後、美作市歴史民俗資料館として一般に公開されていました(現在は美作市のHPに記述はなく、閉鎖されているようだとのブログ情報もありました)。

外観からレンガ造りのように見えますが、構造体は鉄骨ならぬ木骨で、レンガが嵌め込まれています。
辰野金吾の作品ではありませんが、石とレンガが絶妙なバランス。
通りに面した正面には利用客用と思われる扉があり、右側面に職員用と思われる扉が設けられています。
屋根端に立ったパラペットに隠れていますが、屋根は銅板葺きのようです。

a0188759_190586.jpg


2階建てのように見えますが、内部は総吹抜けで、2階部には回廊が廻らされています。
お金を扱う銀行らしく1階の窓には金柵で覆われており、また窓周りの装飾は左右対称ながら、中央部と両側、1階2階とで異なった凝った造りです。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-03-05 21:25 | 中国四国

御殿浄水場事務所(香川)

9件目は、香川県の水道施設をご紹介します。


御殿浄水場は、愛媛県 高松市 鶴市町(地図)にある水道施設で、木造平屋建ての建物は、大正6(1917)年に建てられました。

a0188759_962362.jpg


昭和61年まで事務所や宿直室として使われた後、昭和62(1987)年からは高松市水道資料館として一般に公開され、また国の登録文化財に指定されています。

外壁は横羽目板張りを基本として、腰部は竪羽目板張り、また基部はイギリス式のレンガ積みという構造です。
白い壁板に、構造材や窓枠を水色に塗り、明るく見栄え良い塗り分けになっています。

a0188759_9151377.jpg


窓は上げ下げ窓のようですが、資料館公開に際して改修されたのか、下窓の外側にさらに窓枠を入れられたようで、開かないように見えます。
一番上ははめ殺しなのかも知れませんが、採光がいいように天井近くまで窓になっています。
軒下は、構造材でもないところを装飾的に水色に塗り分けているところが、機能的な事務所棟だけでなく、建物の優雅さを醸し出しています。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-02-27 10:52 | 中国四国

萬翠荘(愛媛)

8件目は、四国・愛媛県の本格洋風建築をご紹介します。


萬翠荘は、愛媛県 松山市 一番町(地図)にある本格洋風建築で、鉄筋コンクリート造り3階建ての建物は、大正11(1922)年に建てられました。

a0188759_2392142.jpg


陸軍武官としてフランス生活が長かった元藩主家の久松定謨(さだこと)伯爵が別邸として建て、大正11年に皇太子殿下(後の昭和天皇)が松山へ行幸した際に2日間滞在したそうです。
設計は、宮廷棟梁の家系で東京帝国大学建築学科を卒業した木子七郎によるもので、舅(妻の父)が愛媛県出身であった関係で、愛媛県庁など県内に他にも建築を残しています。

その後、愛媛県美術館分館郷土美術館として使われましたが、2008年に修復されて、2009年からは展示施設として使われています。
国の文化財指定はありませんが、県の有形文化財に指定されています。
【追補】2011.11に、本館と管理人舎が国の重要文化財に指定されました。

a0188759_23311230.jpg


白いタイル貼りの外壁の建物は、急勾配のスレート葺き屋根の部分には窓が設けられており、当時は物置であった屋根裏部屋を含めて3階建てになっています。
3階は鉄骨の屋根組みがよく見えるそうです(見学には事前連絡が必要)。
正面の他に右側面にもバルコニーが設けられ、尖塔も設けられていることから、右側に力点を置いた造りになっています。

バルコニーは2本の円柱を挟んだ3連アーチで、その間を細かな欄干でつないでいます。
バルコニーの庇下にも緻密にタイルが貼られ、出入り扉の上にはステンドグラスも見えます。

a0188759_2347234.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-02-21 01:07 | 中国四国

仁風閣(鳥取)

7件目は、鳥取県の本格洋風建築をご紹介します。


仁風閣は、鳥取県 鳥取市 東町(地図)にある本格洋風建築で、木造2階建ての建物は、明治40(1907)年に建てられました。

a0188759_9395611.jpg


明治40年に皇太子殿下(後の大正天皇)が山陰地方へ行幸する際の鳥取での宿舎として、元藩主家の池田仲博侯爵が建てました。
旧東宮御所(現在の迎賓館)など多くの皇室建築を手がけた片山東熊によって設計され、皇太子に随行した海軍大将・東郷平八郎により命名されました。

a0188759_9493295.jpg


池田家から鳥取県に寄贈され、戦後は県立科学博物館として使われた後、鳥取市へ譲渡された際に重要文化財に指定され、現在は一般に公開されています。
建物裏側にある回遊池泉式庭園は、幕末の藩主が先代の未亡人(宝隆院)を慰めるために造営したもので、宝隆院庭園と名付けられているそうです。

さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-02-13 12:19 | 中国四国

秋田商会ビル(山口)

6件目は本州に渡って、山口県の事務所建築をご紹介します。


旧秋田商会ビルは、山口県 下関市 南部町(地図)にある事務所建築で、鉄筋コンクリート造3階建ての建物は、大正4(1915)年に建てられました。
神戸より西では、最初に建てられた鉄筋コンクリート造建築とか。

a0188759_15273797.jpg


現在は、下関市が管理する下関観光情報センターとして一般に公開されています。
角地に建ち、角部に開けられた出入口の上には、塔屋が設けられています。

a0188759_15312127.jpg


さらに詳しく(More)
[PR]
by okuruma1970y | 2011-02-06 16:38 | 中国四国