日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

旧神谷伝兵衛稲毛別荘(千葉)

21件目は千葉県千葉市の個人住宅をご紹介します。


旧神谷伝兵衛稲毛別荘は、千葉県 千葉市 稲毛区 稲毛(地図)にある元個人住宅(別荘)で、鉄筋コンクリート造2階建ての建物は、大正7(1918)年に建てられました。
神谷伝兵衛氏は、シャトー・カミヤ(牛久シャトー)や神谷バーを経営していた実業家です。

a0188759_2053137.jpg


来賓用の別荘として、当初は稲毛の海岸段丘の縁に建てられたようですが、現在は海岸線が国道14号になり、遠浅だった海はその後埋め立てられて遥か遠くへ。
海を間近に見ていたはずのバルコニーは、5連アーチが円柱で支えられています。
扇状の階段は庭とバルコニーとをつなぐだけでなく、背後が海岸段丘で玄関が設けられないため、バルコニーに設けられた玄関へのエントランスも兼ねています。

a0188759_2061315.jpg


国の登録有形文化財に指定され、現在は千葉市民ギャラリー・いなげとして一般に公開されています。








外壁は光沢のある白いタイル貼りで、階段上は三角状の屋根になっています。
左側にある丸窓がいいアクセントになっています。

a0188759_206526.jpg


右側面には、半円状に突出した出窓というか眺望台があります。
建物の角部を半円状に細工したといった方がいいのか、軒や屋根、基部も半円状に縁取られています

a0188759_2094468.jpg


建物の裏手に回ると、海岸段丘を削った立地が良くわかりますが、ちょっとした高台から見下ろすようになっています。
段丘を見るだけになるからかほとんど窓は設けられていませんが、その代わりに暖炉の煙突が外付けされています。
右奥の飛び出した部分は階段の折り返し部分。

a0188759_20165864.jpg


バルコニーは市松模様のタイル床。
天井はシンプルですが、アーチ上部は内側にもしっかりタイルが貼られています。

a0188759_20181819.jpg



バルコニー左手にある扉を入ると、シャンデリアが吊り下がった玄関。
半屋外を意識させるためか、折り上げ天井を模したのか、持ち送りが天井に巡らされています。

a0188759_20234859.jpg


シャンデリアを吊り下げる円形装飾には、ブドウの装飾が施されています。
シャトーカミヤの本館でもあちこちにブドウのモチーフが見られますが、一代で財を成したのはブドウ様々なのでしょう。

a0188759_20242880.jpg


1階の洋室全景の写真を撮り忘れていたようですが、洋室には建物背面で見られた暖炉が備え付けられています。
上部が大理石や左右のタイル貼りはよく見ますが、金属製の円柱装飾で上部を支える構成はあまり見たことがないかもしれません。

a0188759_2025218.jpg


玄関を入った正面が階段で、特に手の込んだ手すりではありませんが、単純にカクカク折り返さず、優美な曲線を描いて二階につなげています。

a0188759_20253072.jpg


2階は純和風で、お部屋は床の間を備えた和室。
天井は2段の折り上げ格天井という豪華仕様。
床の間横の障子戸は、桟が細かく手の込んだものでした。

a0188759_2026256.jpg


2階は和室1室のみで、東と南の面には畳敷きの廊下が設けられており、障子を隔てて静かな空間が確保されています。

a0188759_20264889.jpg


南東隅の廊下突き当りには、外観でも半円状に突き出していた部分があります。
外観からは洋風の出窓のように見えましたが、畳敷きではないものの、板張りで砂壁という純和風の作りです。
さすがにガラス窓は平板ですが、壁や窓枠、床も円筒形に加工されています。

a0188759_20271729.jpg




相方の実家近くにあり、相方の両親に結婚の話をしにいったときに撮ったものです(笑)。

見に行ったのは平成19年(2007年)4月でした。
Leica C-Lux1(600万画素)で撮影。


ホームページ洋館探訪の「千葉の洋館」ページはこちら
[PR]
by okuruma1970y | 2011-11-20 21:18 | 関東甲信越 | Comments(5)
Commented by 履歴書の添え状 at 2011-11-21 14:44 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Commented by okuruma1970y at 2011-11-23 09:50
>>履歴書の添え状さん
ようこそいらっしゃいました。
ご覧いただきありがとうございました。
あまりマメには更新できていませんが、また見にいらしてください。
Commented by あん at 2011-12-29 17:17 x
ご無沙汰しています。あんです。素敵な洋館ですね。この手は好きかも。私は最近はヴォーリスにかなり特化しています。先日は明治学院で行われたヴォーリスのシンポジウムにも行ってきました。
Commented by okuruma1970 at 2011-12-30 12:24
>>あんさん
お久しぶりです。
掲示板を閉じてしまったので、最近どうされたかと思っていましたが、以前と変わらず洋館を見て回られているようで、何よりです。
この建物は、賓客用の別荘ということで、生活の匂いはしないのですが、小振りで作りのいい建物でした。
私のように手を広げすぎるよりも、好きな設計者や様式、または特定の地域に特化して探求した方が、知識に深みが出るのでしょうね。
またいい建物がありましたら、教えてくださいね。
お待ちしています。
Commented by 川島 at 2014-06-30 18:12 x
初めまして、川島(ik-web@outlook.com)と申します。クライアント様のウェブプロモーションのため、貴媒体【サイト/ブログ名】から有料で広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。是非ご意向をお知らせ頂きたく存じます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。