日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

旧渡辺甚吉邸(東京)

またまた間が空いてしまいましたが、20件目は東京都港区の個人住宅をご紹介します。


旧渡辺甚吉邸は、東京都 港区 白金台(地図)にある元個人住宅で、木造2階建ての建物は、昭和9(1934)年に建てられました。
渡辺甚吉氏が、大学卒業後に建築家の遠藤健三氏を伴って訪欧し、イングランドで見たチューダー様式に強い印象を持って帰国し、京都の下村邸(大丸ヴィラ)を参考に新築したそうです。

a0188759_17491045.jpg


このお屋敷は、岐阜の実業家・渡辺甚吉氏の邸宅として昭和9年に建てられ、スリランカ大使館に使われた後、昨年(2010年)5月からハウスウエディング会場「白金甚夢迎賓館」として使われるようになりました。

ちなみにこのお屋敷を建てた渡辺甚吉氏(渡辺家12代目・1906〜1972年)は、岐阜の地方銀行・第十六銀行の初代頭取を務めた渡辺甚吉氏(渡辺家10代目・1856〜1925年)の孫ではないかと思われます。
名家・旧家ではよくあるのでしょうが、祖父と孫が同じ名前だったからか、大学卒業後に欧州周遊で見聞を広めて家を建てたという説明と、第十六銀行初代頭取の東京別邸という説明が、ごちゃ混ぜになっているようです。
岐阜新聞のHPに、第十六銀行と渡辺甚吉氏に関する記事がありました()。

チューダー様式というらしい、山小屋のようなというか手斧削り仕上げが特徴。

a0188759_17492637.jpg








玄関は吹き抜けになっていましたが、階段室はなく、2階へは右手のアーチをくぐって階段を昇っていきます。

a0188759_17501838.jpg


1階左手の応接室は暖炉があり、現在はチャペルとして使われている重厚な空間でした。

a0188759_1751478.jpg


岐阜出身の施主が郷里を思い起こすためか、暖炉の上には鵜飼いを表したようなタイル画が貼られていました。

a0188759_17511232.jpg


1階メインダイニングの天井は、奥行きがありながら薄く繊細で見事な漆喰細工。

a0188759_17523926.jpg


1階トイレは、全面タイル貼り。
一般的に水回り用に用いられる平滑なタイルではなく、凹凸というか表情のあるタイルです。

a0188759_17544850.jpg



2階への階段踊り場にある、手すりの装飾も手が込んでいます。
また、柱や梁にも抜かりなく彫刻が施され、強いこだわりが感じられます。

a0188759_1753247.jpg


玄関吹き抜けの上、2階廊下の目線には、ステンドグラスがはめ込まれていました。

a0188759_17594821.jpg


館内はスチーム暖房が設置されており、2階廊下というかフリースペースには、手の込んだラジエターグリルが設けられていました。

a0188759_1757479.jpg



2階にある寝室は、漆喰細工でロココ調に仕上げられていました。
扉が四角ではなく上部が弧を描いていたり、廊下の仕切りもアーチ状になっていたり、と手が込んでいました。

a0188759_1833096.jpg


思わず唸ってしまったのが、寝室にある作り付けの飾り棚。
全体的には扉と同じ形状にまとめられていますが、上部が優美な曲線の桟を持つ飾り棚、下部はスチーム暖房のラジエターグリル、という機能も備えたものでした。

a0188759_1855985.jpg



ドアノブはオリジナルで、考現学者の今和次郎がデザインしたもの。

a0188759_1891082.jpg


灯具のスイッチ盤も、今和次郎のオリジナルデザイン。
葡萄のようなツタのような柄に、凹凸のある盤面。
当初からペンキが塗ってあったのか、本当は真鍮剥き出しだったようにも見えます。

a0188759_18123579.jpg


館内のガラスは、見通すための透明ガラスのほか、すりガラス代わりなのか少し紫がかった半透明のガラス(キレイ!)が、ところどころにはめ込まれていました。

a0188759_181739.jpg




現在はハウスウエディングの会場として使われています。
今回は、古い建物好きの友人夫婦がこちらで結婚式を挙げられ、うれしいことにご招待いただいたので、思う存分堪能させてもらいました。
この建物の生い立ちなどについては、建築探偵の冒険に面白おかしく書かれています。

見に行ったのは平成23年(2011年)10月でした。
Olympus Pen E-P1(1,200万画素)で撮影。


ホームページ洋館探訪の「東京の洋館」ページはこちら
[PR]
by okuruma1970y | 2011-10-16 18:42 | 東京横浜