日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

旧渡辺甚吉邸(東京)

またまた間が空いてしまいましたが、20件目は東京都港区の個人住宅をご紹介します。


旧渡辺甚吉邸は、東京都 港区 白金台(地図)にある元個人住宅で、木造2階建ての建物は、昭和9(1934)年に建てられました。
渡辺甚吉氏が、大学卒業後に建築家の遠藤健三氏を伴って訪欧し、イングランドで見たチューダー様式に強い印象を持って帰国し、京都の下村邸(大丸ヴィラ)を参考に新築したそうです。

a0188759_17491045.jpg


このお屋敷は、岐阜の実業家・渡辺甚吉氏の邸宅として昭和9年に建てられ、スリランカ大使館に使われた後、昨年(2010年)5月からハウスウエディング会場「白金甚夢迎賓館」として使われるようになりました。

ちなみにこのお屋敷を建てた渡辺甚吉氏(渡辺家12代目・1906〜1972年)は、岐阜の地方銀行・第十六銀行の初代頭取を務めた渡辺甚吉氏(渡辺家10代目・1856〜1925年)の孫ではないかと思われます。
名家・旧家ではよくあるのでしょうが、祖父と孫が同じ名前だったからか、大学卒業後に欧州周遊で見聞を広めて家を建てたという説明と、第十六銀行初代頭取の東京別邸という説明が、ごちゃ混ぜになっているようです。
岐阜新聞のHPに、第十六銀行と渡辺甚吉氏に関する記事がありました()。

チューダー様式というらしい、山小屋のようなというか手斧削り仕上げが特徴。

a0188759_17492637.jpg








玄関は吹き抜けになっていましたが、階段室はなく、2階へは右手のアーチをくぐって階段を昇っていきます。

a0188759_17501838.jpg


1階左手の応接室は暖炉があり、現在はチャペルとして使われている重厚な空間でした。

a0188759_1751478.jpg


岐阜出身の施主が郷里を思い起こすためか、暖炉の上には鵜飼いを表したようなタイル画が貼られていました。

a0188759_17511232.jpg


1階メインダイニングの天井は、奥行きがありながら薄く繊細で見事な漆喰細工。

a0188759_17523926.jpg


1階トイレは、全面タイル貼り。
一般的に水回り用に用いられる平滑なタイルではなく、凹凸というか表情のあるタイルです。

a0188759_17544850.jpg



2階への階段踊り場にある、手すりの装飾も手が込んでいます。
また、柱や梁にも抜かりなく彫刻が施され、強いこだわりが感じられます。

a0188759_1753247.jpg


玄関吹き抜けの上、2階廊下の目線には、ステンドグラスがはめ込まれていました。

a0188759_17594821.jpg


館内はスチーム暖房が設置されており、2階廊下というかフリースペースには、手の込んだラジエターグリルが設けられていました。

a0188759_1757479.jpg



2階にある寝室は、漆喰細工でロココ調に仕上げられていました。
扉が四角ではなく上部が弧を描いていたり、廊下の仕切りもアーチ状になっていたり、と手が込んでいました。

a0188759_1833096.jpg


思わず唸ってしまったのが、寝室にある作り付けの飾り棚。
全体的には扉と同じ形状にまとめられていますが、上部が優美な曲線の桟を持つ飾り棚、下部はスチーム暖房のラジエターグリル、という機能も備えたものでした。

a0188759_1855985.jpg



ドアノブはオリジナルで、考現学者の今和次郎がデザインしたもの。

a0188759_1891082.jpg


灯具のスイッチ盤も、今和次郎のオリジナルデザイン。
葡萄のようなツタのような柄に、凹凸のある盤面。
当初からペンキが塗ってあったのか、本当は真鍮剥き出しだったようにも見えます。

a0188759_18123579.jpg


館内のガラスは、見通すための透明ガラスのほか、すりガラス代わりなのか少し紫がかった半透明のガラス(キレイ!)が、ところどころにはめ込まれていました。

a0188759_181739.jpg




現在はハウスウエディングの会場として使われています。
今回は、古い建物好きの友人夫婦がこちらで結婚式を挙げられ、うれしいことにご招待いただいたので、思う存分堪能させてもらいました。
この建物の生い立ちなどについては、建築探偵の冒険に面白おかしく書かれています。

見に行ったのは平成23年(2011年)10月でした。
Olympus Pen E-P1(1,200万画素)で撮影。


ホームページ洋館探訪の「東京の洋館」ページはこちら
[PR]
by okuruma1970y | 2011-10-16 18:42 | 東京横浜 | Comments(15)
Commented by ichigoponcho at 2011-10-16 18:59
素晴らしい建物ですね。
是非いって見たいと思います。
Commented by えぞネコ8 at 2011-10-16 20:24 x
藤森氏の著書はホントに面白いですよね!この建物、載っていましたか。(忘れてました、、、例のダダイズムの印象が強すぎて)。久々に読み返してみることにしますね。
ここでランチもちょっとやってみたいところです。
コースのみで2665〜5775円ですか。
お酒入れたら結構行きますね(苦笑)
Commented by nesan at 2011-10-16 22:00 x
ご無沙汰です。海に夢中で・・・。
おくるまさんと、デンマーク旅行してみたい!!
好きなデンマークが、深くなりそうだな。
Commented by TokyoRomanTheater at 2011-10-16 23:26
先日はありがとうございました〜。
さすがおクルマさん☆ 待ってました(笑)。細部にわたり、タイミングも逃さずしっかり撮影してくださっていて、嬉しいです。私も事前に随分ネットでも見ましたが、ブログなどでここまで細かく内部まで紹介されているところは他になかったように思います。

スイッチプレートのペンキ塗りですが、お察しのように会場の方の話だと、大使公邸になったときだったか、戦後に接収されたときだったか、外国の方が住まわれていた際にペイントされたようだとのことでした。
それもこの建物の経てきた歴史の一幕を語るものだと思うと、感慨深いものがありますね。
これを機に、また是非何かの折にはお食事などで☆☆☆
Commented by iza at 2011-10-17 07:32 x
さすがおクルマさん。ワタシも写真撮るのを放棄して、他力本願を期待していました。天井のアーチなど細かいところのチェックもさすが。解説も写真も楽しませていただきました。…酔っ払わなかったですか?
Commented by okuruma1970y at 2011-10-17 23:29
>>ichigoponchoさん
ようこそいらっしゃいました。
私はご招待いただくまで存在を知らなかったのですが、細部にまで手が込んだ、本当に素晴らしい建物でした。
最近まで一般には公開されていなかったようですが、平日ランチで一般利用(見学)できるようになったので、ぜひどうぞ。
気まぐれ更新ですが、よろしければまた見にいらしてください。
お待ちしていま~す。

>>えぞネコ8さん
またまた新たなハンドルネームですか(笑)。
私もご招待いただいたTokyoRomanTheaterさんのブログを見て、改めて読み返しました。
私が洋館沼に足を踏み入れたのは、他ならぬ藤森著作の影響です(苦笑)。
確かに「ダダイズム」の印象は強烈でした。
ランチのお値段も絶対的には安くないですが、あの建物で2,600円~なら、都内としては安いと思いますよ。
逆に平日限定の方がネックになりそうです(涙)。
Commented by okuruma1970y at 2011-10-17 23:55
>>nesanさん
波乗りとは、カッコいいですね。
我々世代の訪欧と比べると、当時の訪欧はハードルも高かったのでしょうけれど、得られた文化は比ではなかったのでしょうね。
デンマーク、いいなぁ。 案内してくださ~い。

>>TokyoRomanTheaterさん
改めまして、ご結婚おめでとうございます。
はじめは結婚式の記事を書いていたのですが、スイッチが入ってしまい(笑)、建物だけの記事にしてしまいました。
本に書いてあったこと自体すっかり忘れていましたが、御眼鏡に適っただけのことがある、本当に素晴らしい建物でした。
結婚式では新郎新婦やお食事に目が行くので、ハウスウエディングの建物って、意外と建物は注目されないのかもしれませんが、私は建物も十二分に堪能させてもらいました(笑)。
スイッチプレート(って言うんですね、笑)の塗装は、やはり気になりますよね。
手が込んでいるなとは思いましたが、まさかオリジナル、しかも今和次郎デザインだったとは・・・。
お料理も美味しかったですし、ぜひまた行きたいものです。

ともあれ末永くお幸せに
Commented by okuruma1970y at 2011-10-18 00:02
>>izaさん
結婚式での大役も含めて、先日はお疲れさまでした。
建物撮影に集中している恥ずかしい写真(苦笑)を撮られたりもしましたが、それだけ素晴らしい建物でしたね。
各部の写真は待合時間で撮りまくっていましたが、お食事会の後は相当酔ってしまいました(苦笑)。
帰りは一駅寝(酔い)過ごしてしまいました・・・。
Commented by wkum at 2011-11-02 11:42 x
皆さんこんにちは
私は、洋館の大家で渡辺甚吉の孫にあたります。
洋館を気に入っていただいたようで嬉しいです。ありがとうございます。
戦後アメリカに接収された事もありましたが返還され、おじいさんの代から今も渡辺家所有として甚吉おじいさんの子供達、そして私達孫、日々修繕と管理にがんばっています。

ところでなんですが、施主は14代目渡辺甚吉おじいさんで、
第十六国立銀行初代頭取は12代目渡辺甚吉です。
おじいさんも同行の取締役をつとめたそうです。 ややこしいですね。すみません。
私のおじが15代目、父は16代目となるそうです。
Commented at 2011-11-02 11:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okuruma1970y at 2011-11-03 17:31
>>wkumさん
ようこそいらっしゃいました。
歴史を感じさせるとても立派な建物で、手の込みようにただただ感心するばかりでした。
しかも創建されたご家族で今も維持管理されているとは、頭の下がる思いです。
お二人の経歴はネットで調べたのですが、やはり正確な情報を得るのは難しいので、ご教示いただきありがとうございました。
後ほど修正させていただきます。

>>鍵コメさん
承知しました。
Commented by wkum at 2011-11-04 12:35 x
okuruma1970yさん ありがとうございます。

何代目に関してですが、私も家族や親戚から聞いていた事や
百年史の掲載内容が正確だと思ってきましたが、
今回、書物をいろいろ見直してみると、いろいろな違った内容もあり、
これを期にあらためて調べてみようと思います。

ありがとうございました。
Commented by okuruma1970 at 2011-11-06 13:02
>>wkumさん
地元であれば公立図書館などで郷土史の書籍等で調べることもできるのかもしれませんが、県外ですとネットで調べるのがせいぜいで、お爺様とそのまたお爺様のお二人が混同されていることぐらいしかわかりませんでした。
お調べになって何かお分かりになりましたら、ご教示いただければ幸いです。

あの素晴らしい建物を、今後も大切に維持されることを祈念しております。
Commented by at 2012-02-06 08:02 x
okuruma1970さん、こんにちは。
何度も拝見したこちらのページに感謝いたしております。
本日、拙ブログでこちらのページにリンクさせていただきました。
例のランチの記事です。
事後承諾、お許しくださいませ。
Commented by okuruma1970y at 2012-02-06 21:23
>>釉さん
ご紹介いただき、ありがとうございます。
素晴らしいこの建物を、多くの方に知ってもらいたいものですね。
建物の記事も楽しみにしていますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。