日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 12月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

マッケンジー邸(静岡)

18件目は、静岡県静岡市の個人住宅をご紹介します。


旧マッケンジー邸は、静岡県 静岡市 駿河区 高松(地図)にある元個人住宅で、白い壁が映える木造2階建ての建物は、W.M.ヴォーリズの設計により、昭和15(1940)年に建てられました。
この西向きの面は、階段がある3階建ての塔屋を中心に、扇状の食堂や玄関部などの各要素をつなぎ合わせたような、にぎやかな構造です。

a0188759_21582562.jpg


貿易商社の日本支社に派遣されたマッケンジー氏の自邸として建てられ、マッケンジー氏の他界後も夫人が住み続けていましたが、昭和47年にアメリカに帰国するにあたり、静岡市に寄贈されました。
現在は静岡市が管理しており、旧マッケンジー邸として一般に公開されています。
建物の中心は階段部分になっており、1・2階間の踊り場に光を落とす長いアーチ窓と、3階相当部分にある4面に3つのアーチ窓が連なった塔屋が目を惹きます。

a0188759_2283119.jpg









階段部分の左側には、半円状(厳密には半八角形状)に張り出した食堂があります。
一部の窓が開いていますが、開き窓でも上げ下げ窓でもなく、日本風の引き窓ですね。
屋根の上には、マントルピース(暖炉)の煙突が、すくっと伸びています。

a0188759_22303144.jpg


階段部分には縦長アーチ窓が2つ並んでいますが、その間は円柱状に飾られています。
外壁を良く見ると白い壁が意図的に粗く塗られていますが、これはスタッコ仕上げと呼ばれる手法で、大正~昭和初期に流行したスパニッシュ(スペイン風)という様式によく見られます。

a0188759_22364399.jpg


階段部分の裏側、庭に面した東側は、2棟並んだ切り妻2階建て部を、バルコニーを備えた部分でつないだような構造になっています。
妻の軒下に開いた3つの穴は、屋根裏の通気口なのかな。

a0188759_22462238.jpg


粗く加工された木組みのバルコニーは、ヴォーリズらしい雰囲気です。
バルコニーの下枠は、、手斧削りのようです。

a0188759_22525166.jpg


西側に戻って玄関を前にすると、2つ連ねたアーチの左側に出入りするドアが開いています。
扉上アーチ部はガラスのはめ殺しになっている場合が多いですが、こちらはアーチ部まで開く構造。
下部が市松模様のタイル貼りになっている右側の窓も、、かわいらしいです。

a0188759_7324351.jpg


玄関ホールには応接セットが置かれており、ここでも十分談笑できそうなスペースがありましたが、階段室などと仕切りはなく、廊下の一部でもある開放的な空間です。

a0188759_7425093.jpg


玄関の前にはリビングルームがあり、玄関ホールとの間もアーチ状の扉が開いています。
リビングからは、海に面したテラスに出られるようになっています。

a0188759_20295570.jpg


玄関から左手、階段の先には食堂がありますが、外観からも見たように、半円というか半八画形状に張り出していて、その天井梁が扇状に渡されているのが目を惹きます。

a0188759_20362677.jpg


大きなダイニングテーブルの奥には暖炉があり、これが食堂から伸びた煙突につながっているのだと思われます。
その上にある三角形の作り付けの棚も、いいですね。
廊下に面した壁は、アーチ状の凹みがある凝った構造です。

a0188759_2039465.jpg


玄関横にあるメイン階段とは別に、食堂の奥にも階段が設けられています。
1階台所と2階お手伝い室(使用人部屋)の間を行き来しやすい位置にあることから、主に使用人が昇降する階段だったのかもしれません。

a0188759_2048043.jpg


2階のメイン階段前には、南に面した海を望む主寝室があります。
現在は建物見学だけでなく、集会所のようにも使われているためか、寝具はなく、応接セットや大きなテーブルが置かれていました。
右の窓下にはスチーム暖房のラジエターが見えますが、地下にはボイラー室が設けられ、邸内を暖めていたようです。

a0188759_20553215.jpg


メイン階段には、外観から見た縦長のアーチ窓から光が差し込み、さらに塔屋へと階段が伸びています。
よく見ると、踊り場の窓下にはベンチが据え付けられていますが、外国人住宅らしいゆとりあるレイアウトです。

a0188759_20435478.jpg


塔屋は4面にガラス窓が設けられていますが、これは玄関に面した西側の眺め。
南側からは、太平洋が望めます。

a0188759_20455413.jpg



抜かりなく随所に装飾された明治期の洋館とは異なり、比較的シンプルではありますが、温かみがあるヴォーリズらしい住宅でした。
見に行ったのは平成15年(2003年)8月でした。
Nikon CoolPix E-5000(500万画素)で撮影。


ホームページ洋館探訪の「静岡県の洋館」ページはこちら
[PR]
by okuruma1970y | 2011-05-31 21:22 | 東海北陸