日本全国に残る洋館を紹介していきます。


by okuruma1970y

プロフィールを見る

最新のコメント

>>ぴぴ86さん こん..
by okuruma1970 at 21:16
こんにちは。 以前、秋..
by ぴぴ86 at 11:19
>>ぴぴ86さん よう..
by okuruma1970y at 23:19
初めまして。 貴殿のH..
by ぴぴ86 at 15:58
初めまして、川島(ik-..
by 川島 at 18:12

カテゴリ

全体
北海道
東北
関東甲信越
東京横浜
東海北陸
関西
中国四国
九州
未分類

タグ

(11)
(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2015年 01月
2014年 06月
2013年 09月
2013年 04月
2013年 03月
more...

その他リンク

フォロー中のブログ

幌馬車2台の道楽日記

検索

記事ランキング

諸戸清六邸(三重)

14件目は、三重県の本格洋風建築をご紹介します。


旧諸戸清六邸は、三重県 桑名市 桑名(地図)にある本格洋風建築で、木造2階建てに4階建ての塔屋が付属した建物は、御雇い外国人として来日したジョサイア・コンドルによって、大正2(1913)年に建てられました。
広角レンズで撮ったため歪んでいますが、塔屋はまっすぐ建っています、念のため。

a0188759_21563169.jpg


山林経営で財を成した諸戸清六(二代目)が、連なる和館とともに自邸として建てた洋館です。
設計は、工部大学校造家学科(現在の東京大学工学部建築学科)の初代教授としてイギリスから招聘され、明治初期の社交場であった鹿鳴館を設計したことでも知られる、ジョサイア・コンドルによるものです。
国の重要文化財に指定されており、現在は六華苑の一部として一般に公開されています。

a0188759_225299.jpg


モルタル塗りの外壁は、水色に塗られているのが珍しいですが、落ち着いた色味に仕上がっています。
ただですら複雑なレイアウトですが、スレート葺きの屋根は、屋根窓やマントルピースの煙突を戴いており、変化に富んだ構造になっています。








4階建ての塔屋は、当初3階建てで設計されたそうですが、揖斐川を眺められるよう設計変更されたそうです。
各階で窓周りのデザインを違えてあるのは、定石どおりです。
車寄せは戦災で焼失し、後に復元されたもので、上部がバルコニーになっていないためか、華奢な支柱です。

a0188759_22282710.jpg


円筒形なのは塔屋の建物だけでなく、窓ガラスにも曲面ガラスを使っています。
外壁のモルタルに筋を入れて、石造り風に見せています。
下から見上げると、階の間に引かれた胴蛇腹の盛り上がりが、よくわかります。

a0188759_2235344.jpg


コンドル建築の目玉の一つがバルコニーですが、現存するコンドル建築の旧島津忠重邸や旧岩崎久弥邸などでは、1・2階ともがバルコニーになっているのに対して、1階はバルコニー、2階はサンルームと作り分けられているのが特徴です。

a0188759_231417.jpg



現在は、車寄せがある玄関からは出入りできませんが、玄関と一体になった広大な階段室が設けられているも、洋館の特徴です。
玄関を飾るアーチや天井の太い梁、また腰壁などの木目の色の深さが、重厚な空間を醸し出していました。

a0188759_23162111.jpg


階段は、特に凝った手すりがあるわけでなく比較的シンプルですが、支柱の無い吊り階段であるのは、この時期の本格洋館でときどき見かける造りです。
ステンドグラスではありませんでしたが、大窓から階段室に光を注いでいました。

a0188759_23233388.jpg


個人的に一番気に入ったポイントが、平屋部分に設けられたトップライトから、手洗所に落とした光。
何でもかんでも電気を使わなくても、工夫すればいいんですよね。

a0188759_23302212.jpg


1階客間は四角四面でなく、バルコニー側に台形状に張り出しています。
張り出した部分の軒蛇腹の処理は、本当に手が込んでいます。
シャンデリアを吊っているメダリオンが、平滑な天井に映えています。

a0188759_23353276.jpg


1階バルコニーや客間の張り出しに合わせて、2階サンルームも台形状に張り出しています。
サンルームは、ガラスで覆ったバルコニーという位置付けからか、床がタイル貼りであることが多いのですが、フローリングというのは逆に珍しいかもしれません。
採光用の上窓がなで肩になっていて、長円ではありますが、外から見るとアーチ窓っぽくなっています。

a0188759_23412522.jpg


残念ながら3階以上の塔屋は非公開ですが、急な螺旋階段で昇るようになっています。
照明のスイッチと思しき金色の突起も、またいいですね。

a0188759_23504351.jpg



見に行ったのは平成15年(2003年)の1月でしたが、この頃はまだ撮るポイントが少なく、各部屋の内装やバルコニーの床面などを確認しがてら、また撮りに行きたいものです。
Fujifilm FinePix4500(240万画素)で撮影。


六華苑のホームページはこちら

ホームページ洋館探訪の「三重県北部の洋館」ページはこちら
[PR]
by okuruma1970y | 2011-04-05 00:15 | 東海北陸